2006年05月23日

4月30日一之瀬高原から柳沢峠&...(164.19km)

<前のBlogにアップした試走の様子を再掲載します。



060430_top_shakunage.jpg
一ノ瀬高原 石楠花荘にて

先週行けなかった一ノ瀬高原に行ってきました。もちろん柳沢峠から塩山へ抜けるプラン(5月のラン)を総て試走です。その後あまりにも時間が余ったので珍しくネタに走ったものの思い切り大失敗。慣れないことはしないほうが良いようで...
060430_top2.jpg
※クリックで拡大します。

まずは先週のオイラン淵にあった案内版を使ってコースを紹介します。黄色のラインを辿って来ました。

一ノ瀬高原は追々多摩川の源流を訪ねたいと思っているのであの辺りの地理に明るくなりたいし。また、5月に予定しているサイクリングに向けての先週の試走では周れていなかったので行っておこうかと。

前日は体調が乗らずビデオ鑑賞以外は睡眠に費やしたのですっかり元気。あげくが夜中の3時過ぎには起床し4時には出発でした。

もちろんまだ暗いので多摩サイは避けて20号線から奥多摩街道明るくなってきたところで多摩サイに入り永田橋まで再び奥多摩街道を進み小作坂下で左折吉野街道の最初のコンビニで朝飯ストップ20分 am5:15

吉野街道を釜の淵(5/21予定)やら川井キャンプ場(GW中予定)を確認しながら進み古里で青梅街道へ奥多摩駅入口交差点を過ぎ最西端のコンビニはまだ開店していない。駅からダムまでの嫌な登り&トンネルも早朝で車が少ないせいか気持ちよい。

060430_639okutama.jpg
am6:39 奥多摩駅入口交差点

060430_707ogouchi.jpg
am7:07 小河内ダム 薄皮クリームパン1コ

ここまで朝飯休憩やら各種現場確認(ロケハンと言ってもちっと覗く程度ね)しながら来たわりに3時間で奥多摩湖は上出来です。

060430_729mineyabashi.jpg
am7:29 峰谷橋

県境を越え山梨に入るとまずは保之瀬への登りです。来るたび少しはまともな走りになってるのかな?保之瀬からさらに少し登り一気に下れば丹波山村。先週も休んだ町外れのガソリンスタンドで一息。am8:13 薄皮クリームパン1コ

060430_827_keikoku.jpg
am8:27 渓谷が美しくなってきました。

060430_836_ozaki.jpg
am8:36 先週もここで写真を撮りましたが桜が終わってますね。

060430_851_oiran.jpg
am8:51 オイラン淵 薄皮クリームパン1コ

060430_858_bunki.jpg
am8:58 一ノ瀬への分岐点

オイラン淵から急峻な崖に張り付くように(昨年来土砂崩れ復旧工事中)高度を稼ぐ道の途中から一ノ瀬方面への分岐があります。

060430_909_rindo.jpg
am9:09 林道よりオイラン淵を望む

林道に入るといきなりきつい登りが続きます。10分程度ではるか下にオイラン淵が見えました。短い距離で高度稼ぎすぎっす。ところがこの後フラットから下りが出てきて少しだけ脚を休ませることが出来ます。

060430_939_rindo.jpg
am9:39 林相が変わり気持ちの良い林道

集落までの距離は6キロですがなにしろ激坂でアベレージも6km/h、途中の下りで稼いでもたっ造り1時間弱坂道と格闘します。国道から別れて車やバイクはまず入ってきませんし、杉の林ではないいかにも信州の高原みたいな雰囲気が良いです。

060430_945_shuraku.jpg
am9:45 なんとか集落に辿りつきましたが、平らなところがまったくありません。自販機や売店もありません、民宿石楠花荘までもうひとふんばり。

060430_1014_soba.jpg
am10:14 お蕎麦

さらに10分頑張って石楠花荘に到着はam9:55。冒頭の画像は庭先にある日帰り客用のスペースです。民宿本体はこじんまりs畉麗です。時間が早いので丁度お掃除真っ最中でした。お蕎麦はまだ無理かと思いましたが頼んでみるものです。10分待ったら出てきましたお蕎麦。宿のおばちゃんと話したり若旦那さんと話したりして情報収集です。そのうち訪ねたい多摩川の源流に向け有意義な時を過す事が出来ました。

サイクリング情報としては...
やっと春めいたらしく桜もまだこれからだそうです。5月の終わりごろは色んな花が咲いているだとうことや山菜もまだまだこれからでお蕎麦につく天麩羅もこれからもっと良くなると言っていました。お昼の他にここでお蕎麦も良いかもです。

am11:00に石楠花荘を後にしました。若旦那さんが犬切峠に向かう道はコンクリートの道で激坂だからお奨め出来ない。かわりにこのままぐるっと周る林道のほうが気持ちいいと教えてくれました。

宿の前から激坂が続きます、すぐに同じ様な民宿みはらしがあります。こちらもお蕎麦をもてなしてくれます。丁度おばちゃんがいてニコニコ挨拶してくれますが...腹いっぱい脚いっぱいでこんにちはと返すのが精一杯でした。またの機会に訪ねてみましょう。

060430_1103_rindo.jpg
am11:03

060430_1123_sakubadaira.jpg
am11:23 作場平 ちょっとした広場(水干:多摩川の源流 がある笠取山へはここから入る登山メが多いようです)

石楠花から集落を抜け15分弱は坂道と格闘しますが、林道が山肌を縫うようになると一旦下ります。画像にある作場平までは下り続けここからまた登りになります。

060430_1123_rindo.jpg
am11:23 再び登り始めます。

060430_1136_hiryu.jpg
am11:36 視界が開けて眺めが良い場所 飛竜山を望む

10分強登ると視界が開けた広場がありました。どうもこの一ノ瀬林道の一番の場所のようです。

060430_1136_kasatori.jpg
笠取山方面を望む

060430_1136_shuuraku.jpg
一ノ瀬高原の集落もはるか下に見えます

一ノ瀬高原の標高は石楠花荘のあたりで1,240mだそうです。この林道もそこそこあがりますね?最高所で1,400メートル近いかもしれません。

060430_1140_ichinose_c.jpg
am11:40 犬切峠からの道との合流点

眺めの良い広場からは青梅街道に戻るまでは下りです。まずは犬切峠方面からの道と合流です、確かに犬切峠からの道はコンクリートの道で痛んでいるようでした。

060430_1147_takahashi_a.jpg
am11:47 高橋(地名)との合流地点

060430_1151_takahashi.jpg
am11:51 青梅街道に合流

下りは道も狭くところどころ痛みが激しく飛ばせません。短い距離なのでゆっくり下りました。

さてここから柳沢峠への登りが始まります。オイラン淵から青梅街道を峠までは10.5kmですが、丁度残り6km地点ぐらいです。

060430_1214_5km.jpg
pm0:14 ここで残り5km

実はここで少し休憩しました。どうしても甘い飲み物が欲しくなって自販機でカフェオレを...ゴクッゴクッ...うん?なんで固形物が...覗くとミルクが固まっている...缶の底を見てみたら賞味期限05.03...有り得ない。店のおばちゃんに引き取ってもらった。だってその辺に捨てること出来ないじゃん。金返せなんて言わないよ、わかるだろ今すぐこの自販機のドリンク全部チェックしろ!

なんだかな〜ある意味気合が入った。
高橋で青梅街道に出てから左側にある酒屋に寄ってればよかった...

060430_1234_bunki1.jpg
pm0:34 左に林道の分岐が見えたら残り2.5kmぐらいね。

この後やけに立派な道になりますが、その分車やオートバイのスピードが増しますねはっきり言って危ないです。交通量がさして多くないのが救いですが。

060430_1251_bunki2.jpg
pm0:52 右にも林道の分岐があります。これは右側2ヶ所目の林道分岐。ここまでくればもうあと少しよん。先にカーブが見えますねそこまで行けば次ぎの写真
060430_1252_touge.jpg
pm0:53 峠が見えました

060430_1255_yanagisawa.jpg
pm0:55 峠に出ると風が強く寒い、1,400mを越える標高は馬鹿に出来ないね。
薄皮クリームパン1コ

富士山見えないしウィンドブレーカー着込んですぐに下ることに。ここから塩山側に標高差1,000mのダウンヒルね。

最初のうち少々路面が荒れているのでスピードを出せなけれど暫く行くとまた立派な道になりこれはやばいぐらいスピード出ちゃうのよね。この日は強烈な向かい風で伸びなかったけれどかえって命を永らえたのかもしれない。ゆっくり下りましょうね。

060430_1316_downhill.jpg
こんな道があって

060430_1316_kuchu1.jpg
こんなことになっている
060430_1326_sakeishi.jpg
pm1:26 大菩薩の湯(混んでいた...)を過ぎ裂石のあたりまで来ると町になってきた。

気温の差が凄い、暑くなってウィンドブレーカーを脱ぐ。

裂石からは両側に家が続くけど真っ直ぐ伸びた下り坂パートが2ヶ所あったと思う。これがまたスピードに乗るのだが自転車のブレーキってなんだかんだプアだから路地からの飛び出しなどに気をつけないといけないね。

060430_1341_enzan.jpg
pm13:41 塩山駅北口に到着

暑いな?盆地だもんね、まだ時間が早いな?もう少し走ろうか???
それにしても盆地は暑いな?盆地?ぼんち?腹減ったな?甲府だっけ???
ネタ行っちゃう!決まり!

060430_1507_bonchi.jpg
pm3:07 関係各位 お食事処 ぼんち だよん!間違いないか???

あれ休憩中だって...何時からか聞こうと思っても誰も居ないみたい、仕方ないから近くにあるコンビニでオレンジジュース。

4時になって今一度突撃!あれさっきとなんら変わらない様子...GWで休みなのか...結局食すること出来ずに甲府駅に向かうのでした。店の前で薄皮クリームパン1コ

なんだかな〜今日2度目だよ。

甲府駅に出て輪行で帰りましょう、「小作」でほうとう...

あっエンド金具???
房総OFFの帰りに中野駅でパイプを無くしていたのでした。
リアディレイラーが不安だけど...

なんだかな〜3回目

帰りは普通列車の旅で爆睡、高尾で京王線に乗り換え帰宅。

今日は早く出てこれたのに、最後は甲府盆地でなんだかな?少し不完全燃焼なのでした。
posted by tokidoki at 12:00 | Comment(2) | TrackBack(1) | cycling
この記事へのコメント
tokidokiさん、遅ればせながらお帰りなさいませ^^
山を往くロングライド、今年は走ってみたいと思っております。なかなか東京以西に行くのは気合が要るのですが、チャンスがありましたらぜひご一緒させて下さいませ。
ではでは!
Posted by Tongchai at 2006年05月23日 17:27
>Tongchaiさん
コメントありがとうございます。
是非ご一緒したいですね。ロードを拝んでおりませんし宜しくです。
Posted by tokidoki at 2006年05月23日 18:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18251680
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 柳沢峠柳沢峠(やなぎさわとうげ)は山梨県甲州市(旧塩山市)にある峠である。高さ#地理|標高1472m。国道411号(青梅街道)が通り、同街道の最高地点でもある。晴天の日はこの峠からの富士山の眺望は良く..
Weblog: 峠を疾走す!!!
Tracked: 2007-10-09 10:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。