2006年08月11日

準備

060810_stem.jpg
Oval Concepts(Swiss) R700

先週のフラフラからも立ち直り週末のサイクルキャンプに向け準備をする。

ステムに使われているネジ類の錆が気になっていたので交換する。新しいネジを締めこんでいると急にトルクが抜けた。アルミ削り出しのステムは柔らかくうっかりねじ切ってしまったようだ。ネジだけのはずがステムそのものを新調することになってしまう。あ〜もっと慎重にやろうよ...俺

仕方ないのでステム買いました。ショップの人の薦めもあって鍛造品です。プロフィールはステム長:105oから110o・角度:82°から73°と少々強気なものとなります。以前リーチの浅いハンドル(日東186)に交換したことでブラケットが近くなっていましたので大丈夫かな〜なんて感じです。軽量化も果たせました。ブラケットが幾分遠くなり前傾もきつくなりますが果たして???
※コラム1-1/8・クランプ26oよん。
とりあえず30qぐらい走ってみました。

違いは...「わかりません!」
ってことで無理なく乗れているみたいなのでOKでしょう。

またこの試走でもうひとつ試したものがあります。

060810_carrier.jpg
TOPEAK RXビームラックEタイプ

同じビームラックでもMTB用ではキャリアのクランプ部に太股の内側が当り宜しくないと先月のキャンプで思い知った。改めて微妙に勿体無いと思いつつロード用を手に入れました。

でどうだったか...「さわるじゃん!」
確かに「当る」から「触る」に変化したけれど...

一応使ってみますが「触る」にしても長距離だと如何なものでしょう。自分ではX脚で漕いでいないと思うんですがね〜それとも脚が太いからでしょうか?
posted by tokidoki at 14:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | cycling
この記事へのコメント
こんにちは。
ステムの雌ネジ部分はダメですね。
鍛造品なら少しは寿命が延びるでしょうか?
大径ドリルとタップで何とかなるなら良いのですが、ヘリサートでは買った方が安上がりになったりして…でも、ステムという性格上安心して使いたいですよね。。。

悩むところです。

最近は、ヘッド回りだけはちゃんとクリーニングしてトルクレンチを使うようにしていますが、それでもそのうちにねじ切りそうな予感がします。

ステムは使い捨てなのでしょうか?
Posted by らんた at 2006年08月12日 07:38
>らんたさん
ヘリサートやってみたい!って少し調べたら高いですね。
寿命は一概に延びるとは言えないでしょうね。削り出しより鍛造のほうが強度を出しやすいってことですが、デザインはまちまちですものね。それにしてもやわかったな〜あのステム...
Posted by tokidoki at 2006年08月12日 22:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22218873
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。