2006年10月09日

F1の生放送とテレビ局

えらく偏っていましたね〜基本強いもの大好きだからフェラーリもシューマッハも嫌いじゃないけどあそこまでってどうゆうこと?精一杯ドライブしたシューマッハは気持ちよかったけれどあの放送では興ざめだ、おもわずボリューム絞ったよ。レースにリタイアは付き物だし最後まで両雄の走りが見たかったかれど仕方ない。シューマッハは割とスッキリしていたじゃない。

それからジャパンパワーって煽るだけ煽っておいて実際目の前で起こっていることにあまりにも触れなさ過ぎだと思うが、放送中もエールばかりで内容がなさ過ぎだ。

勝手な憶測だが…
トヨタは予選で一発狙うしかなかったようだ。レース中ラルフのラジオが入ったがあれはトゥルーリのトラブルではなく2台完走が予選の次に達成する命題だったはずで、解かっていないラルフがうっかり言っちゃったんじゃないかな〜兄貴の援護だってチームの方針忘れたか…あれ仲悪いんだっけ?トヨタ的には最初から前を走れるなんて思っていないだろ。ホンダのパフォーマンスも新エンジン投入?なんて噂?真実?もあってどうかと思ったけれど…デザイナークビにしたんだっけ?駄作のシャーシじゃ劇的改善は無理だよね。もっと辛辣に突っ込んだ内容があっても良かったと思うんだけどな〜。

生放送もいいんだけど日曜日はどうしたって競馬の放送があって飛ばせないようなら録画編集でよいからインタビューまでしっかり入れて欲しいと思うな。

土曜日の予選の放送で中嶋悟氏「ポールを獲れないってことは…」と解説したところと、レースでは森脇さんの解説。あとは最後に鈴木亜久里がこれが精一杯っって答えていたところだけが真実だったかな。後130Rを全開ベタ踏みってのは確かに凄いな。
posted by tokidoki at 02:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | thinking of...
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25115279
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。