2006年11月03日

東京ドーム

メジャーリーグVSジャイアンツ

友人から突然のお誘い。最初から見ることは叶わなかったけれど仕事を終え追っかけドームに行ってきた。昨日も野球のお誘いがあってエントリーしたけど続けてこんな展開になるとはね。野球好きだからウエルカムだよ。
まあ結果はどうでもよろしい。久し振りにプロのプレー振りを生で見たことに意味がある。内野席の前から12列目なかなかの場所からの観戦。昨今野球と言うよりジャイアンツの沈みっぷりは相当なもの、席が埋まってないね〜ガラガラとまで言わずとも「しんじられな〜い」ってそれはヒルマンか…
注目したのはフィリーズのライアン・ハワードとツインズのジョー・マウアーこの二人を見れればまずは良し。

ハワードはナショナルリーグ
昨年新人王そして今年本塁打と打点の二冠王、1本詰まったのにスタンドまで行っちゃったね。まさに絵に描いたような大リーガーって感じなんだけど、卓越しているのはその選球眼、やみくもに振り回しているわけじゃないってことだな。

それからマウアーはアメリカンリーグ
なんと言っても今年の首位打者、ヤンキースのジーターやマリナーズのイチローより率を残した。それに彼のポジションはなんと捕手、城島が先発だったので二番手として登場9回に1本クリーンヒットを打ってくれました。

この二人は覚えておいて損はありませんよ。

日本人は?ジャイアンツは?って…イ・スンヨプ/高橋由伸/小久保あたりはせっかくの機会だから見てみたかったけれど残念ね。

まあそれでもメジャーも日本もプロ野球選手の球捌きの上手さは流石です。生で見ると当たり前だけどたいしたものだと思えます。
posted by tokidoki at 01:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | thinking of...
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26671263
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。